HOME > 先輩インタビュー

体験入学&学校説明会
資料請求&お問い合わせ
募集要項
あなたの高校が指定校推薦対象か確認!
学費・奨学金
就職情報
施設・設備
交通アクセス

人を大切にする心。夢を持って仕事をする。


 美容師という職業は、就職してからやる事がたくさんあります。免許を取得すれば就職はしやすい職業だと感じますが、自分1人でお客様を帰せるようになるまで、猛スピードで突き進むことが必要だと思います。

 この仕事に就いて、一番成長できた所は「心」。お客様を大切にする心。スタッフを大切にする心。とにかく人を大切にする事が重要だと思います。現在の美容業界は、低価格化していたり、競争が激しい、美容師が減ってきているなどの問題点がありますが、だからこそお客様や同じお店で働くスタッフを大切にする心が重要だと思っています。

 仕事をする上での信念は美で遊ぶ心です。夢を持って仕事をすることが大切だと思います。

 テクニカル在学中には、千本巻きやコンテストの練習で根気強さや根性を磨きました。同じ夢を持つ仲間がたくさんいたので、自然と、仲間と協力しあうチームワークも学ぶことができました。これから入学する方達には、自分の将来像をしっかり持ち、信念を持って夢に向かって進んで欲しいです。

美遊 ~View Hearts~ 店長兼代表取締役社長

大久保 雄さん(平成16年3月卒業)


TAKUMIROOTS スタイリスト

根本 隆匡さん(平成16年3月卒業)

「価値ある仕事」をする事で、お客様から求められる人へ。


 現在プロのスタイリストとして、カットからカラー全般を担当しています。学生時代に、先生からワインディングを何度も繰り返し指導して頂き、コンテストで賞をもらったことが今の自信につながっています。

 学生時代との違いは、プロは代金を頂いて、価値のある仕事をしなければならない、そして自分から技術を磨かなければならないこと。だからこそ責任やプレッシャーもありますが、やりがいも感じます。今はホームカラーをする方も増えてきているので、美容室に来店されるサイクルが長くなっています。それだけに、お客様からは高い技術、価値ある仕事が求められていると思います。

 気をつけていることは、丁寧な仕事をすることです。女性のお客様が多いため、髪に触る時などソフトになるように気を遣っています。やりがいを感じるのは、ご指名を受けたり、自分でなくては駄目だと言われたりした時。たくさんのお客様と関わることで自分も成長できる気がします。

 今の目標は5年後、TAKUMIのトップになる事。夢を見失わずに目標を持って仕事をしていきたいです。


丁寧な仕事ができる美容師に。不器用でも大丈夫。


 人に感動を与えられる。これが美容師という仕事の一番の魅力です。美容師になると、人を感動させられる力を、手に入れることができるんです。

 今、スタイリストとして働いていますが、毎日多くの「やりがい」を感じています。仕事中は、自分のテーマである「丁寧な仕事」をいつも心掛けています。コミュニケーションが大事な仕事なので、自分よりもまず、人のことを考えるようになり、仕事も一層丁寧にできるようになりました。その甲斐もあり、たくさんのお客様にご来店いただいており、現在美容師が足りない状態です。勿論欲しいのは、資格だけの美容師ではなく、丁寧な仕事ができる美容師です。

 その点テクニカルでは、資格のため以外の事も多く学べました。先生と学生の距離が近く、分からないことはどんどん聞けたし、コミュニケーションも図れ、美容師としての心構えも教えてもらえました。正直、練習時間は他校より多いと思います。大変でしたが、忍耐力もつきました。実際の仕事は更に大変なので、たくさん練習できて良かったと感じています。「誰よりも忍耐力がある」という自信も自分を支えてくれます。正直、これほど学生の事を思ってくれる学校は他に無いと思います。在学中は、厳しいことも言われるので気付きにくいけれど、「素直さ」を忘れず頑張って欲しいです。最後に、不器用と器用は、美容師に関係ないです。自分もかなり不器用ですが大丈夫です。たくさん努力した人が、一番です。たくさん練習してください。応援しています。

PURE PLACE COMO 千駄木店 スタイリスト

番場 直紀さん(平成17年3月卒業)


たかの友梨ビューティクリニック

エステティシャン 高橋 芙美さん

お客様を綺麗にして、輝く笑顔が見たい。


 エステティシャンという仕事を選んだのは、テレビ番組の影響からでした。人が人の手によって美しくなっていくことに感動し、この職業にとても魅力を感じました。

 私はお客様への気配りと笑顔を一番大切にしています。そういった接遇やマナー、言葉遣いや協調性は社会で働くためには必要なことです。これはすべてテクニカルで学んだことでした。授業内に接客、マナーなどのカリキュラムがあったので自然に身に付きました。

 この仕事は自分が成長していくことができます。後輩のスタッフに技術指導をしたり、お客様にはボディやフェイシャルの施術をさせて頂いているので、責任感や自立心が身に付きました。

 近年では、「美」に興味を持つ女性が増え、またその年齢層も幅広くなってきているので、これからのエステ業界はますます身近なものになると思います。お客様が綺麗になって、とても輝いている笑顔を見られるのが、この仕事の一番の魅力です。エステティシャンという仕事は華やかな一方、体力と気力が必要な所もありますが、お客様の笑顔を見るためにこれからも頑張っていきます。


常に目標を意識する。お客様に満足して頂きたい。


 私の担当している仕事は、接客販売、伝票管理、ストック管理、消耗品の発注、商品管理、ディスプレイなどです。華やかに見える職業ですが、実際にやってみると雑務がとても多い仕事だと分かりました。しかし、その仕事をきちんとこなせるようになったからこそ今の自分があると思います。

 テクニカルに入学したのは、将来ブライダルやメイク関係の仕事を希望していたので、トータルビューティ学科なら希望分野だけでなく、エステ、ヘアメイク、ネイルなど幅広く学べると思ったからです。授業で学んだマッサージの仕方などを、お客様にアドバイスして差し上げると喜んで頂けます。

 仕事の一番のやりがいは、自分が接客したお客様に満足して頂いて、売上につながる事です。ご来店された方に、どれだけ満足して頂けるかを常に考えて仕事をしています。仕事をしていて、数字を意識することで、自分の目標を達成できるようになりました。そして、お客様から「また来ますね」というお言葉を頂ける事が、仕事の魅力だと感じています。

 これからもお客様が綺麗になって満足して頂けるように、目標を常に意識して仕事をしていきたいです。

東武宇都宮百貨店 YVE S SAINT LAU R ENT

ビューティアドバイザー 渡邉 真由子さん


Valentine Total Beauty Salon イオン古河店

ネイリスト 今野 愛美さん 

スピードが大切。上達するには、多くの練習が必要。


 私の母が美容師として働いていたので、小さい頃から美容系のことに興味を持っていました。細かい作業や技術的なことが好きで、高校生の時、将来はネイリストかメイクアップアーティストになりたいと考えていました。テクニカルのトータルビューティ学科では、エステ、メイク、ネイルなど色々と学べると聞き、体験入学に参加してみました。通学しやすいこともありましたが、先生方や学校の雰囲気も良く、設備もキレイで、入学したいと思いました。

 在学中は、技術的なことだけでなく、コミュニケーションや、マナー、ビジネス実務なども学べ、とても良かったです。特にファッションショーでの経験は、他ではできないと思うので、貴重な体験ができました。

これからネイリストを目指す方へのアドバイスですが、最初はスピードが重要です。最初は慎重にキレイにやりたい気持ちがあると思います。しかしスピードがあれば練習も多くできるので、上達しやすいです。ネイリストは慣れが大切なので、好きな人なら、不器用とか関係なく、なれる職業です。がんばってください。


強い責任感を持ち、一生の思い出に残る仕事をする。


 結婚式は「一生の思い出」となるものですので、「最高の結婚式を挙げたい」という考えが、年々強くなっているように感じます。最近では特に、限られた予算の中で「個性豊かな自分達だけの結婚式にしたい」という傾向にあります。そのようなお客様それぞれのニーズに応えるのが、私達の使命です。

 私は主に、新郎新婦となるお客様のヘアメイクや、結婚式に向けてのエステ、また、一般のお客様へのエステも担当しています。お客様にとって「一生の思い出」となる仕事ですので、責任が重くとても大変ですが、精一杯仕事をしていく中で、責任感を強く持てるように成長できてきたと思います。また責任が重い分、最後にお客様からお礼のお言葉などをいただいた時は、大きな達成感と喜びを感じることができます。

 テクニカル在学中に、源田先生よりブライダルの授業やメイクの授業をしていただけた事が、現在の仕事にとても役立っています。その反面、学生の時にもっと授業をしっかりと受け、更に多くの事を学んでおけば良かったと後悔しています。これから入学する後輩の皆様は、後悔の無いよう、積極的に授業に参加することをお勧めします。

wedding produce BRISE

スタイリスト 鈴木 美穂さん